1/144HGAC レオス

PXL_20220511_065128612.jpgPXL_20220511_063421667.jpgPXL_20220511_063435104.jpg
HGACシリーズ番外(新機動戦記ガンダムW DUAL SORY G-UNIT)1/144スケールキット
OZ-06MS-SS1 レオスです。
発売は2021年。価格は1800円。プレミアムバンダイ限定販売品。
製作は2022年5月です。

【機体解説】
 「新機動戦記ガンダムW DUAL SORY G-UNIT」に登場する、OZプライズのMS。パイロットはロッシェ・ナトゥーノ。
 OZプライズの中でも特に高い家格と技量を持つ「星屑の三騎士(スターダスト・ナイツ)」のリーダー格、ロッシェが乗るカスタムリーオー。3機の中ではバランスの取れた性能を持ち、近距離ではビームデュエル・サーベル、中距離ではビームマスケットを使いこなします。中世の騎士のような装飾も特徴で、背部のディフューザー・マントには対ビームコーティングが施されています。
 三騎士は貴族としての高慢さがある一方実力も確かで、初出撃時には連携してオデルの乗るガンダムジェミナス02を撃破する戦果を挙げます。しかし、ヴァルダー・ファーキルの赴任により組織は分裂、ヴァルダー派となったクラーツ・シェルビィのレオールによってレオスは破壊されてしまいます。

【キット解説】
PXL_20220511_062832826.jpgPXL_20220511_063003704.jpg
 「星屑の三騎士」初のキット化!G-UNITリメイク企画の一環としての発売ですが、まさかここまでやってくれると思っていた人は少なかったのではないでしょうか。キットは「リーオー」をベースとしつつ、大部分を新規造形で再現。特徴的なディフューザー・マントは3分割されアクションポーズに対応。着脱も出来ます。頭部センサー・カバーはクリアパーツで再現。武器としてビームデュエル・サーベル×2、ビームマスケットが付属。ハンドパーツは右のみ2種付属します。

【アクション・ギミック】
PXL_20220511_063451000.jpg
頭部センサーカバーはクリアパーツで成形。奥には通常のリーオーのフェイスがあります。
PXL_20220511_063520330.jpg
胸部の装飾をパーツ分割で再現。
PXL_20220511_063607267.jpg
サイドアーマーにビームデュエル・サーベルのユニットをマウントしています。
PXL_20220511_063108302.jpg
ディフューザー・マントは着脱可能。
PXL_20220511_064250293.jpg
ビームマスケットが付属。
PXL_20220511_064300901.jpg
パーツ分割とシール(写真は塗装で再現)で色分けをしっかり再現しています。
PXL_20220511_064627566.jpg
ビームデュエル・サーベルを抜刀。幅広のビーム刃は専用パーツとなっています。
PXL_20220511_065159870.jpg
マントは分割構造により広がったシルエットを形成。
PXL_20220511_064722082.jpg
肩の装飾は独立可動します。
PXL_20220511_065654773.jpg
サーベルは2基あるので二刀流も可能。

【塗装ガイド】
PXL_20220510_124644472.jpgPXL_20220510_124908931.jpg
センサー・・・ルミナスメタグリーン
ダークグレー部・・・MSVダークグレー
ピンク部・・・ピンク(桃)※
※はガンダムマーカー以外の塗料

シールは未使用。
頭部アンテナC1-27は余剰部分をカット。
製作時間・塗装20分+スミ入れ50分+組み立て130分=合計200分(3時間20分)。

【後記】
 ジージェネをやっていた時分にはまさかこんなネタMS(失礼)がキット化されるとは思ってもみませんでした。三騎士の中では一番実現性はありそうでしたが、いやはや。フルカラーパッケージといい、この企画への本気度を改めて感じました。さてキットですが、やはりマントが重く、元々肩関節が外れやすいこともあってアクション性はやや難アリです。形状面では良好なのでそこが惜しいところでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント