1/144HGUC ジェガンD型(ピコ・アルティドール専用機)

IMG_20200804_045223.jpgIMG_20200804_044748.jpgIMG_20200804_044757.jpg
HGUCシリーズ番外(機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ)1/144スケールキット
RGM-89D ジェガンD型(ピコ・アルティドール専用機)です。
発売は2017年。価格は1600円。プレミアムバンダイ限定販売品。
製作は2020年7月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム U.C.0094 アクロス・ザ・スカイ」に登場する、地球連邦軍のMS。このカラーリングの機体はレイヴン隊隊長ピコ・アルティドールの専用機。他にイズル・スガも搭乗。
 連邦軍の教導隊「レイヴン」の隊長であるピコ・アルティドールが乗る専用のジェガンD型。部隊名である「烏」を連想させる黒(正確にはダークパープル)と白の機体カラーリング以外、一般機とは性能面で大差ないと思われますが、パイロットの高い技量により、性能面で各上のガンダムデルタカイと互角に渡り合っています。

【キット解説】
IMG_20200804_044343.jpgIMG_20200804_044432.jpg
 「ガンダムUC」外伝漫画作品に登場する、ダークカラーのジェガンD型がキット化。現状「アクロス・ザ・スカイ」名義では唯一の商品化(デルタカイは「ガンダムUC MSV」扱い)となっています。
 キットは同じくプレミアムバンダイ限定で販売された「ジェガンD型」をベースに成形色を変更、新規パーツとして劇中のシーンを再現する左手用のビーム・ライフルと保持用のハンドパーツを追加したもの。左手に銃器を保持できるハンドパーツは汎用性も高そうですが、武器側に接続用ダボ(ハンドパーツに差し込む部分)がある場合は対応していない場合もあるのでご了承を。
 武器としてビーム・ライフル×2、ビーム・サーベル(ビーム刃2種)、バズーカ、シールドが付属。ハンドパーツは左右とも2種。他にランナータグを利用したオプションパーツ取り付けようプレートも付属します。

【アクション・ギミック】
IMG_20200804_044818.jpg
特徴的なツートンカラーを成形色で再現。頭部センサーカバーはクリアブルーとなります。
IMG_20200804_045815.jpg
バーニア内部はホワイトで塗装。
IMG_20200804_045406.jpg
新規パーツによるビーム・ライフルの二丁持ちが可能。
IMG_20200804_045547.jpgIMG_20200804_045725.jpg
二丁拳銃は強者の証。他の系列機に流用しても良いでしょう。
IMG_20200804_052917.jpg
ビーム・サーベル及びシールドも付属。シールドの連邦軍マークは単独版とカラー再現用一体版の2種から選べます。
IMG_20200804_053126.jpg
バズーカも付属。こっちの白ラインは元から。

【塗装ガイド】
IMG_20200726_034639.jpgIMG_20200726_034734.jpgIMG_20200726_034851.jpg
グレー部・・・ガンダムグレー
ダークブルー部・・・SEEDダークブルー
ホワイト部・・・ガンダムニューホワイト
バズーカ センサー部・・・メタリックオレンジ
頭部センサー・・・コスモメタブルー

シール・・・3を使用。
製作時間・塗装45分+スミ入れ50分+組み立て110分=合計205分(3時間25分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント