1/144HGUC バイアラン

IMG_20200803_054402.jpgIMG_20200803_053712.jpgIMG_20200803_053753.jpg
HGUCシリーズNo.214(機動戦士Ζガンダム)1/144スケールキット
RX-160 バイアランです。
発売は2018年。価格は2600円。
製作は2020年7月です。

【機体解説】
 「機動戦士Ζガンダム」に登場する、ティターンズの試作MS。パイロットはジェリド・メサ。
 ※詳細な解説は1/220「バイアラン」の記事をご参照のこと。

【キット解説】
IMG_20200803_053444.jpgIMG_20200803_053629.jpg
 「ガンダムUC」でのバイアラン・カスタムの活躍と、その後の数々のバリエーション機の登場を経て、「Ζガンダム」に登場したオリジナルのバイアランがΖファン悲願の1/144スケールキットとして遂に登場。腕部や足部は先にプレミアムバンダイ限定で発売された「バイアラン・イゾルデ」と共用であるため、新規パーツはさほど多くはありませんが、肩のバインダー内側の色分けが成形色で再現されるなどの改良も加えられており、待ちに待った甲斐のある逸品となっています。
 ベースキットであるバイアラン・イゾルデと異なる頭部、背部ジェットエンジン(カバー処理)、肩部ジェットエンジン、バインダー、脚部を新規パーツで再現。頭部モノアイはシール貼り付け式となります。武器としてビーム・サーベル×2が付属。ハンドパーツは左右とも2種用意されています。他にアクションベース1用のジョイントパーツも付属します。

【アクション・ギミック】
IMG_20200803_053813.jpg
モノアイタイプの頭部を一部新規パーツで再現。
IMG_20200803_054121.jpgIMG_20200803_053850.jpg
肩のジェットエンジン、脇部分のバインダーを新規パーツで再現。バインダー部分の塗装の手間がなくなったのは高く評価出来ます。
IMG_20200803_054020.jpg
カスタムやイゾルデと異なる脚部を新規パーツで再現。
IMG_20200803_054540.jpgIMG_20200803_054601.jpg
アクションベース1を使って飛行シーンを再現。
IMG_20200803_055030.jpgIMG_20200803_055239.jpgクロータイプの腕部マニピュレーター。メガ粒子砲の開口部はフリーハンドで塗っています。
IMG_20200803_055359.jpgIMG_20200803_055440.jpg
ビームサーベルの刃は劇中カラーのクリアイエローで再現。専用のハンドパーツで保持します。

【塗装ガイド】
IMG_20200719_061621.jpgIMG_20200719_061738.jpgIMG_20200719_061834.jpgIMG_20200719_062045.jpg
レッド部・・・ガンダムレッド
イエロー部・・・ガンダムイエロー
ブラック部・・・ガンダムブラック
グレー部・・・ガンダムグレー
センサー・・・メタリックイエローグリーン

シール・・・10を使用。
製作時間・塗装40分+スミ入れ65分+組み立て140分=合計245分(4時間5分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント