1/144HGUC バイアラン・イゾルデ

IMG_20200803_045622.jpgIMG_20200803_044600.jpgIMG_20200803_044621.jpg
HGUCシリーズ番外(機動戦士ガンダム Twilight AXIS)1/144スケールキット
RX-160G バイアラン・イゾルデです。
発売は2017年。価格は2800円。プレミアムバンダイ限定販売品。
製作は2020年7月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」に登場する、私設部隊バーナム所属のMS。パイロットはヴァルター・フェルモ。
 RX-160「バイアラン」の改修機。バイアラン・カスタムとの中間のような構造をしていますが、詳しい開発経緯は不明。白と紫の機体カラーリングの他、ツインアイタイプの頭部が特徴。双子の兄である強化人間クァンタン・フェルモの乗るRX-78AN-01「ガンダムAN-01 トリスタン」とのサイコミュによる連携を想定していると思われますが、やはり詳細は不明です。武装に関しては原型機と同様に腕部のメガ粒子砲、ビーム・サーベルを使用します。

【キット解説】
VID_20200803_044157_LS.jpgIMG_20200803_044345.jpg
 WEB連載小説を原作とし、アニメ化もされた「トワイライトアクシズ」から、トリスタンと対をなす機体、バイアラン・イゾルデがキット化。謎の多い機体ではありますが、設定を練り上げていないことを詳細不明の一文で済ますのやめてもらっていいですかね・・・。キットは先に発売された「バイアラン・カスタム」の一部パーツを変更したもの。後のHGUC版バイアランとの共用箇所も多く、本家バイアラン発売のための最終調整モデルという感もあります。
 バイアラン・カスタムと異なる頭部、腕部、腰部スラスター、足部を新規パーツで再現。大部分は成形色で色分けされていますが、装甲の内側(赤い部分)は色分けされていない箇所が多く、塗装に要する時間は比較的多めです。
 バックパックのスラスターカバーが開閉。武器としてビーム・サーベル×2が付属。ハンドパーツは左右とも2種用意されています。他にアクションベース1用のジョイントパーツも付属します。

【アクション・ギミック】
IMG_20200803_044720.jpg
他の系列機と異なるツインアイタイプの頭部を専用パーツで再現。
IMG_20200803_050704.jpg
オリジナルのバイアランと同タイプの腕部を新規パーツで再現。
IMG_20200803_050326.jpg
腕部メガ粒子砲の開口部はモールド処理されていないのでフリーハンドで塗っています。
IMG_20200803_050352.jpg
肘内側にビーム・サーベルを内蔵。着脱出来ます。
IMG_20200803_050932.jpgIMG_20200803_051058.jpg
ビーム・サーベルは専用のハンドパーツで保持します。
IMG_20200803_050455.jpgIMG_20200803_050525.jpg
大気圏内飛行を可能とする大推力のスラスター群を再現。

【塗装ガイド】
IMG_20200715_213706.jpgIMG_20200715_213822.jpgIMG_20200715_214129.jpgIMG_20200715_214307.jpg
レッド部・・・ガンダムレッド
グレー部・・・ガンダムグレー
ブラック部・・・ガンダムブラック
イエロー部・・・SEEDイエロー
センサー・・・メタリックピンク
ライトパープル部・・・ガイアカラー ストームピンクパープル
目周辺パープル部・・・ガンダムパープル

シールは未使用。
頭部アンテナJ1-26は余剰部分をカット。
製作時間・塗装85分+スミ入れ80分+組み立て160分=合計325分(5時間25分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント