1/144HGAC リーオー(飛行ユニット仕様)

DSC_0488.JPGDSC_0484.JPG
HGACシリーズ番外(新機動戦記ガンダムW)1/144スケールキット
OZ-06MS リーオー(飛行ユニット仕様)です。
発売は2019年。価格は1700円。プレミアムバンダイ限定販売品。
製作は2020年6月です。

【機体解説】
 「新機動戦記ガンダムW」に登場する、OZの量産型MS。このカラーリングの機体は地球圏統一連合・東南アジア軍のもの。
 リーオーに大気圏内用飛行ユニット(高機動オプションとも呼ばれる)を装着した機体。背部に可変翼の付いたジェットエンジンパックを装着するのに加え、大腿部にはブースターを増設します。
 地上用に配備されたリーオーは主に実体弾系の装備を使用し、プロトタイプにあたるトールギスと同型のドーバーガンやバズーカに加え、肩部に短距離キャノンを増設した機体も見られました。

【キット解説】
DSC_0482.JPGDSC_0483.JPG
 リーオーバリエーションの第2弾として、劇中でトレーズが五飛を圧倒したシーンで有名な高機動ユニット(飛行ユニット)装備タイプが登場。成形色は青系統に変更され、またも多数の武器パーツが追加されたプレイバリューの高いアイテムとなっています。
 飛行ユニットは各部が可動。大腿部のバーニアは取り付け角度を変更することでシーンイメージにあわせたディスプレイが可能です。武器として105mmライフル、ビームサーベル×2、シールドに加え、ドーバーガン、バズーカが追加。さらに肩部装甲を交換しキャノンタイプに知ることが出来ます。

【アクション・ギミック】DSC_0485.JPGDSC_0486.JPG
大ボリュームの飛行ユニットと大腿部のバーニアを新規造形。
DSC_0489.JPGDSC_0490.JPG
ジェットエンジンやウイングが可動。
DSC_0492.JPG
肩にシールドを装着可能。シールド内のビームサーベルを装備できます。
DSC_0491.JPG
バズーカの両手持ちが可能。
DSC_0493.JPG
大型装備のドーバーガンも付属。
DSC_0494.JPG
肩部はキャノンタイプに換装できます。

【塗装ガイド】
2006441.JPG2006442.JPG2006443.JPG
グレー部・・・ガンダムグレー
武器センサー・・・ガンダムメタバイオレット
頭部センサー下地・・・シャインシルバー
ダークグレー部・・・ダークグレー(フィールドグレー1)※
※はガンダムマーカー以外の塗料

製作時間・塗装15分+スミ入れ70分+組み立て70分=合計155分(2時間35分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント