1/144HGBD:R サタニクスガンダム(サタニクスユニット+サタニクスウェポンズ)

2006463.JPG
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 1/144HGシリーズ
No.024 サタニクスユニット
発売は2020年。価格は850円。
No.025 サタニクスウェポンズ
発売は2020年。価格は600円。
製作は2020年6月です。

【機体解説】
 PFF-X7Ⅱ/S6「サタニクスガンダム」は、「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE(2nd Season)」に登場するガンプラ。ビルダー及びダイバーはヒロト(クガ・ヒロト)。
 サターンアーマーとコアガンダムⅡがプラネッツシステムによりドッキングした形態。太陽系6番惑星「土星」の名を冠するこの機体は重装格闘戦仕様で、本来は(「鉄血のオルフェンズ」に登場する)ガンダム・フレームのMSとの戦闘を想定しており、圧倒的なパワーによる質量攻撃を得意とします。
 武装面では工具・重機をモチーフとしたブレーカドリル、ヴァイスプライヤを装備。アーマー内に組み込まれた出力向上デバイスによりあらゆる箇所から重い一撃を繰り出すことが可能。また、脚部にはローラーユニットを内蔵し、重装型でありながら陸戦において高い機動性を発揮します。

【キット解説】
2006448.JPG2006451.JPG2006456.JPG
 プラネッツシステムに対応した新たなアーマーパーツセットが登場。先に発売された「メルクワンガンダム」と同様、装甲と武装はそれぞれ別売りとなりますが、今回は同時発売であるためすぐに完成させることが出来ます。
 サタニクスユニットは各部装甲とハンドパーツ(右1種、左2種)、サポートメカ及び台座で構成。単体でも1ユニットとして成立するようになっています。対してサタニクスウェポンズはブレーカドリル、ヴァイスプライヤと汎用バックパックとで構成。バックパックの差し込み位置を変えることで他のキットにも対応することが出来ます。
 両キットのパーツを別売りの「ユーラヴェンガンダム」内のコアガンダムⅡに装着することでサタニクスガンダムが完成します。2種の武装は肩や腕、手に持たせるなど様々な装着が可能。ヴァイスプライヤは先端部が開閉します。
 なお、コアガンダムⅡは元々フライトユニットを装備しているためトップヘビーな感がありましたが、今回は両肩に大型の武器を装備するため、これがなおさら助長されてしまっています。着脱を前提とした構成上、パーツが意図せず外れやすい面もあるため、保持力という点では少々厳しい面があります。展示の際はユーラヴェンガンダムに付属の台座や別売りのアクションベースを使うと良いでしょう。

【アクション・ギミック】
2006449.JPG2006452.JPG
サタニクスユニット、サタニクスウェポンズそれぞれ単体でのセット内容。
2006457.JPG
サタニクスユニット単体とコアガンダムⅡのドッキング状態。
2006453.JPG2006454.JPG2006455.JPG
両キットを組み合わせたサターンアーマー。
2006459.JPG2006460.JPG
コアガンダムⅡとドッキングし、サタニクスガンダムが完成します。
2006461.JPG
角が生えたような頭部デザイン。
2006462.JPG
脚部にはローラーを内蔵。
2006464.JPG
肩に大型武装を装備します。
2006465.JPG
腕部への装着が可能。
2006467.JPG
グリップを取り付けて手に持たせることも出来ます。
2006468.JPG
武装を合体させメガニックドライバーに。

【塗装ガイド】
2005400.JPG2005401.JPG2005402.JPG
ダークブルー部・・・SEEDダークブルー
センサー・・・メタリックイエローグリーン

シールは未使用。
製作時間(合計)・塗装10分+スミ入れ60分+組み立て65分=合計135分(2時間15分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント