1/144HGUC ガンダムピクシー

2005130.JPG2005119.JPG2005120.JPG
HGUCシリーズ番外(機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079)1/144スケールキット
RX-78-XX ガンダムピクシーです。
発売は2018年。価格は2000円。プレミアムバンダイ限定販売品。
製作は2020年5月です。

【機体解説】
 1995年に発売されたスーパーファミコン用ゲーム「機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079」内のシナリオ「死にゆく者たちへの祈り」に登場する、地球連邦軍のMS。主なパイロットはボルク・クライ。
 RX-78「ガンダム」を地上戦用に再設計した機体。宇宙用装備とコア・ファイターの撤廃による軽量化、スラスター推力の強化及びアポジモーター(姿勢制御用バーニア)の増設により、一年戦争時の陸戦用MSとしては最高クラスの機動性を獲得しています。特筆すべきは装甲の減格はされていない点で、対実弾兵器に対する防御力はむしろ向上しています。
 武装は近接格闘戦に特化しており、2基のビーム・ダガーと90mmサブマシンガンを装備します。ビーム・ダガーはリーチは短いものの取り回しに優れ、二刀流による戦技「TSアタック」「ノーザンライトA(アタック)」を得意としました。サブマシンガンはMS用の携行火器としては機能を最低限まで切り詰めたモデルで、射程や命中精度は低く牽制や足止めを目的として使用されました。
 3機が生産されたとされ、うち2号機はアルバトロス輸送中隊によってホワイト・ベース隊のアムロ・レイに届けられるはずでしたが、ジオン軍のウルフ・ガー隊の襲撃を受けボルク大尉が乗り出撃。数度の交戦の後、本隊の基地脱出の囮として単機で取り残され、ウルフ・ガー隊のヘンリー・ブーン大尉が乗るイフリートと交戦、その後は消息不明となっています。

【キット解説】
2005117.JPG2005118.JPG
 ガンダムのゲーム作品に登場する最初期のオリジナル機体であるピクシーがガンプラ初のキット化。関節部はHG REVIVE版「陸戦型ジム」「陸戦型ガンダム」と共用で、独特のデザインの機体でありながら陸戦型ガンダムとの共通性を体感できるものとなっています(開発費も軽減できるので良いことづくめである)。
 色分け再現度は高く、付属のシールをすれば大部分は再現可能。センサー類はクリアパーツではなく通常成形です。左肩のエンブレムはマーキングシールで再現。各部広範な可動域によりアクションシーンを演出可能。武器としてビーム・ダガー×2、90mmサブ・マシンガン×2が付属。ビーム刃は通常のものに加え斬撃エフェクトの付いたものが付属します。ハンドパーツは左右とも2種付属。

【アクション・ギミック】
2005121.JPG
独特な形状の頭部。ツインアイは要塗装となります。肩のエンブレムはマーキングシールで再現。
2005122.JPG
サイドアーマーにビーム・ダガー、リア・アーマーにサブマシンガンを装備。
2005123.JPG
それぞれグリップを直接掴むことが出来ます。
2005124.JPG
サブマシンガンはグリップ一体型の専用のハンドパーツで保持。
2005126.JPG2005127.JPG
ビーム・ダガー2基が付属。
2005128.JPG
柔軟かつ広範な可動域で多彩なアクションが可能。
2005132.JPG2005133.JPG
斬撃エフェクトの付いたビーム刃が付属。動きのあるダイナミックなアクションを演出。
2005134.JPG
サブマシンガンとビームダガーの同時装備が可能。さらにアクションのバリエーションが増えます。

【塗装ガイド】
200548.JPG200549.JPG200550.JPG
グレー部・・・ガンダムグレー
イエロー部・・・ガンダムイエロー
ブラック部・・・ガンダムブラック
ホワイト部・・・ガンダムニューホワイト
パープル部・・・ガンダムパープル
センサー・・・メタリックイエローグリーン

シールは未使用。
頭部アンテナA3-36は余剰部分をカット。
フロントアーマーA1-10は分割化。
製作時間・塗装20分+スミ入れ55分+組み立て100分=合計175分(2時間55分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント