1/144HGUC ブルーディスティニー3号機”EXAM”

2005106.JPG2005102.JPG2005103.JPG
HGUUシリーズNo.209(機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY)1/144スケールキット
RX-78BD-3 ブルーディスティニー3号機”EXAM”です。
発売は2018年。価格は1600円。
製作は2020年5月です。

【機体解説】
 セガサターン用ゲーム「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」に登場する、地球連邦軍のEXAMシステム搭載MS。パイロットはユウ・カジマ。
 1号機・2号機のパーツ供給用の予備機として作られていた機体。機体構造は2号機と同一で、宇宙用の装備も施されています。カラーリングはベース機であるRX-79[G]「陸戦型ガンダム」のままとなっていますが、これは本来実戦投入を想定していなかったためとされます。EXAMにはリミッターがかけられており、暴走の危険性は低いものの性能は50%程度しか発揮できません。
 携行武装は2号機と同じく陸戦型ガンダムと同型のビーム・ライフル、ビーム・サーベルを装備する他、エッジ部分を改修した専用のシールドを持ちます。また、漫画版ではRGM-79GO「ジム・ドミナンス」と同型の2連ビーム砲を装備していました。
 大破した1号機に代わりユウの新たな乗機となりました。2号機を追って宇宙に上がった後、同機と交戦し相討ちとなる形で大破しましたが、ユウは無事生還しています。

【キット解説】
2005100.JPG2005101.JPG
 2018年のHGUCシリーズ初のキット。先に発売された1号機2号機に続き、3号機もREVIVE版が発売。旧版と同じく、すべてが一般販売枠となり、映像化されていないゲーム出典の機体としては破格ともいえる好待遇となっています。
 キットは2号機をベースに成形色を変更した他、専用の武器類を新規パーツで再現しています。付属のマーキングシールも専用のものとなります。前2機と同じくナンバーのマークは漫画版の新デザインとゲーム版の旧デザインの2種から選べます。
 頭部ツインアイのパーツとメインカメラのシール(もしくは塗装)は通常時とEXAM発動時の選択式。今回は通常時で製作しています。
 脚部ビームサーベルラックが開閉。肩、脚、ランドセルの可動やパーツ差し替えにより、漫画版でのEXAM発動時の形態変化を再現可能。武器としてビーム・ライフル、100mmマシンガン、2連ビーム砲、ビーム・サーベル×2、シールドが付属。ハンドパーツは右1種、左2種となります。

【アクション・ギミック】
2005104.JPG
頭部ツインアイはクリアパー成形。今回は通常時として製作。
2005105.JPG
機体番号などを示すマーキングシールが付属。
2005107.JPG
標準装備のビームライフルと専用のシールドが付属。
2005108.JPG2005109.JPG
ボーナスアイテムとして漫画版で装備している2連ビーム砲が付属。
2005110.JPG2005111.JPG
組み替えて左腕にも装着できる他、上にシールドを装着することも可能。
2005112.JPG
マシンガンも付属。
2005114.JPG2005113.JPG
脚部アーマー内にビーム・サーベルを収納。
2005115.JPG
各部の展開によりEXAM発動状態を再現可能。
2005116.JPG
宇宙用バックパックは外すことが可能。

【塗装ガイド】
200521.JPG200522.JPG200523.JPG
レッド部・・・ガンダムレッド
イエロー部・・・ガンダムイエロー
ホワイト部・・・ガンダムニューホワイト
ダークブルー部・・・ティターンズブルー
センサー・・・メタリックイエローグリーン
グレー部・・・ガンダムグレー

ホイルシールは未使用。
マーキングシール・・・1,2,4,5,6を使用。
頭部アンテナA1-38は余剰部分をカット。
製作時間・塗装35分+スミ入れ80分+組み立て110分=合計225分(3時間45分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント