1/144HGBD:R アルスアースリィガンダム

DSC_9899.JPGDSC_9904.JPGDSC_9897.JPG
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 1/144HGシリーズNo.022
AGP-X1/E3 アルスアースリィガンダムです。
発売は2020年。価格は1500円。
製作は2020年4月です。

【機体解説】
 「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE(2nd Season)」に登場するガンプラ。ダイバーはヒトツメを率いる謎の存在・アルス。
 アルスがヒロトのアースリィガンダムを解析して作り上げた機体。AGP-X1「アルスコアガンダム」を核にアルスアースアーマーがドッキングすることで完成するという構成は本家と同じものとなっています。機体特性も同様にベーシックなもので、武装面ではコアスプレーガンを核としたビームライフル、マニピュレーターから発生するビームブレイドを使い、その出力はオリジナルを上回ります。
 アルスが直接操作する以外にも、他のヒトツメの機体と同様に汎用AI「ガードアイ」による操作も可能。この際名称は「エルドラコアガンダム」「エルドラアースリィガンダム」となり、頭部センサーの発光色が紫に変化します。

【キット解説】
DSC_9895.JPG
 「GBD:R」セカンドシーズンの幕開けを飾るのはアルスアースリィガンダム。主人公機のコピー機という、まさしく王道ライバル機の登場です。キットはシリーズ第1弾「アースリィガンダム」と一部パーツを共通化しており(流用とも言う)、コアドッキングカスタムに対応。アルスコアガンダムにパーツを装着することでアルスアースリィガンダムになる他、今まで発売されたプラネットアーマー各種にも対応しており、さらなるプレイバリューの拡張が図られています。
 頭部センサーやビーム刃にはクリアパーツを使用。センサー用のシールは2タイプ付属し、アルス操作時とガードアイ操作時のどちらかの選択式となります。武器としてコアスプレーガン/ビームライフル、ビームブレイドが付属。ハンドパーツは左右3種ずつ付属します。キットオリジナルギミックとして、アルスアーマーの収納形態が組み立て可能。

【アクション・ギミック】
DSC_9898.JPG
頭部センサーカラーは2種から選択します。今回はアルス操作時で製作。
DSC_9901.JPG
専用のビームライフルが付属。
DSC_9903.JPGDSC_9902.JPG
組み換えによりバーストシューティング形態が再現可能。
DSC_9905.JPG
手から発生するビームブレイドをクリアパーツで成形。
DSC_9906.JPGDSC_9907.JPG
外装を外すことでアルスコアガンダムになります。
DSC_9913.JPG
頭部ユニットはまるごと差し替えます。頭部センサーカバーをクリアパーツで再現。
DSC_9911.JPG
ヒロトのコアガンダムと同型のコアスプレーガンが付属。
DSC_9912.JPG
クロー状の足により接地性は高くなっています。
DSC_9914.JPG
コアドッキングシステム対応の頭部が別に付属。
DSC_9908.JPGDSC_9909.JPG
外した外装及び使用していないパーツはキットオリジナルの台座形態にまとめられます。SD世代には刺さるギミック。
DSC_9910.JPG
ハンドパーツもすべて収納できます。

【EXTRA】
DSC_9915.JPG
コアドッキングカスタムにより他のプラネットアーマーも装着出来ます。
DSC_9918.JPG
コアドッキングカスタム対応の頭部を使用し、アンテナやヘッドギアを装着。
DSC_9917.JPG
腕部も付け替えられます。
DSC_9919.JPG
バックパックにも干渉なく取り付け可能。

【塗装ガイド】
DSC_9887.JPGDSC_9888.JPG
レッド部・・・ガンダムメタレッド
ハンドパーツ ダークブルー部・・・SEEDダークブルー
パープル部・・・ガンダムパープル

シールは未使用。
頭部パーツA29は余剰部分をカット。
フロントアーマーA36は分割化。
頭部アンテナB7は余剰部分をカット。
製作時間・塗装20分+スミ入れ60分+組み立て110分=合計190分(3時間10分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント