1/144HGBD:R コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニット

DSC_7835.JPG
ガンダムビルドダイバーズRe:RISE 1/144HGシリーズNo.008
PFF-X7/M4 コアガンダム(リアルタイプカラー)&マーズフォーユニットです。
発売は2019年。価格は1400円。
製作は2019年11月です。

【機体解説】
 マーズフォーガンダムは、「ガンダムビルドダイバーズRe:RISE」に登場するガンプラ。ビルダー及びダイバーはヒロト(クガ・ヒロト)。
 コアガンダムを中心とした機体換装システム「プラネッツシステム」により、マーズアーマーとドッキングした形態。近接格闘戦仕様でありながら、一対一から対多数、果ては大型機まで相手取れる汎用性の高さを併せ持っています。
 武装面では一対のスラッシュブレイドとヒートレヴソード、ヒートレヴアックスの合計4基の実体剣を装備。それぞれの武器は合体させることでさらに大型の剣となります。ビーム刃を発生できる装備もあり、様々な戦法を可能とします。また、腕部シールドユニットにも展開式クローを内蔵しています。機体は運動性を重視しており、装甲に組み込まれた加速デバイスにより高い瞬発力を発揮します。
 コアガンダム(リアルタイプカラー)はコアガンダムの配色案の一つ。往年のリアルタイプカラーをイメージしており、地上戦での迷彩効果を考慮したものとなっています。

【キット解説】
DSC_7822.JPGDSC_7831.JPG
 先に発売された「コアガンダム(G-3カラー)&ヴィートルーユニット」と同様に、本編登場版とは別カラーのコアガンダムとマーズフォーガンダムの外装パーツで構成されるマーズフォーユニットとのセットアイテム。本編版のコアガンダムは「アースリィガンダム」にのみ付属し、武装類は先行して発売された「マーズフォーウェポンズ」が別途必要になります。
 色分けはやはりパーツ分割でほぼ再現されているため、塗装が必要な箇所はセンサー類などごくわずか。組み立てまで含めて気軽に作れます。コアガンダムの胸部はクリアパーツを使用しており、合わせてビームサーベルのカラーも変更されています。
 武器としてコアスプレーガン、コアサーベル/ビームサーベル×2、コアシールドが付属。その他カスタム用バックパックジョイント、マーズフォーユニット用台座も付属します。

【アクション・ギミック】
DSC_7823.JPGDSC_7824.JPG
リアルタイプカラー(をイメージした)のコアガンダムが付属。
DSC_7825.JPG
付属武器は共通のコアスプレーガンとコアシールド。
DSC_7826.JPG
ビーム刃は各カラーで異なる成形色になっています。
DSC_7827.JPGDSC_7828.JPG
非武装状態のマーズフォーユニット。
DSC_7832.JPGDSC_7833.JPG
コアガンダムとドッキングし、マーズフォーガンダムとなります。
DSC_7834.JPG
炎を思わせる尖ったデザインが特徴。
DSC_7836.JPG
腕部クローが展開します。
DSC_7837.JPG
ビームサーベルを装備。

【EXTRA】
DSC_7829.JPGDSC_7830.JPG
マーズフォーウェポンズを装備した完全版のマーズアーマー。
DSC_7838.JPGDSC_7839.JPG
ノーマルカラーのコアガンダムとマーズフォーユニット、マーズフォーウェポンズの合体により、真のマーズフォーガンダムが完成。
DSC_7840.JPG
バックパックに武装をまとめて装備しています。
DSC_7841.JPG
一対のスラッシュブレイドを装備。片側のみビーム刃を付けられます。
DSC_7842.JPG
ヒートレヴソード、ヒートレヴアックスを装備。
DSC_7843.JPG
それぞれの武器が合体し、オーバースラッシュブレイド、ハードヒートレヴソードの2基の大型剣になります。

【塗装ガイド】
DSC_7779.JPGDSC_7780.JPG
サポートメカセンサー・・・ガンダムアイグリーン
ブラック部・・・ガンダムブラック
装甲ダークブルー部・・・SEEDダークブルー
センサー イエロー部・・・DESTINYイエロー

シールは未使用。
フロントアーマーA3は分割化。
頭部アンテナB1-22は余剰部分をカット。
製作時間・塗装15分+スミ入れ60分+組み立て95分=合計170分(2時間50分)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント