BB戦士 新凰(シンオウ)頑駄無

DSC_6660.JPG
BB戦士シリーズNo.166
新凰頑駄無です。
発売は1996年。価格は500円。
製作は2019年7月です。

【キャラクター解説】
 「超SD戦国伝 武神輝羅鋼」に登場する、武羅星(ブラスター)頑駄無の新たな姿。
 デザインベースはGX-9900「ガンダムエックス」。
 頑駄無闇元帥に取り込まれていた武羅星が刀流義守によって救出され、生まれ変わった姿。大将軍家の次男としての本来の姿で、兄・武威凰大将軍が太陽の光に例えられるのに対し、月の光の力を使い戦います。
 魔星から学んだ「羅刹神風流」を流派とし、星刀・銀河、爆星種子島(バスタータネガシマ)、月光砲を使いこなします。天動奥義は月光爆星砲(ゲッコウバスター)から放たれる「月光爆滅破」。
 兄や頑駄無軍団との確執は未だ残るものの、友である刀流義守との絆を信じ、真闇元帥と対峙しました。

【キット解説】
DSC_6649.JPGDSC_6650.JPG
 「武神輝羅鋼」シリーズ第11弾。同シリーズは「ガンダムW」由来の機体がデザインベースの中心となっていますが、このキャラクターのみ「ガンダムX」からの登場となっています。キットは特殊素材こそ使われていませんが、パールホワイトの本体色に通常より多めのゴールドメッキパーツという、大将軍家に相応しい煌びやかなカラーリングとなっています。
 軽装タイプから煌月の鎧装着形態、月光爆星砲装着形態に。武器として星刀・銀河、爆星種子島、月光砲が付属します。
 連動ギミックとして別売りの雷龍頑駄無頑駄無轟炎王のパーツを装着できます。

【アクション・ギミック】
DSC_6651.JPGDSC_6652.JPG
軽装タイプ。
DSC_6653.JPGDSC_6654.JPG
煌月の鎧装着形態。
DSC_6655.JPG
シールドバスターライフルをモチーフにした爆星種子島。
DSC_6656.JPG
サテライトキャノンをモチーフにした月光砲の装備。
DSC_6657.JPG
月光の翼を装着した月光爆星砲の装着形態。
DSC_6658.JPG
多数のメッキパーツが使われています。

【EXTRA】
DSC_6659.JPG
雷龍頑駄無、頑駄無轟炎王の武具を装着出来ます。胸パーツを外しますが塗っていなかったのでちょっと変な感じに・・・。

【塗装ガイド】
DSC_6612.JPG
レッド部・・・ガンダムレッド
グリーン部・・・ガンダムアイグリーン
ダークブルー部・・・ミッドナイトブルー※
ゴールド部・・・ガンダムゴールド
武器センサー・・・ガンダムライトブルー
※はガンダムマーカー以外の塗料

シール・・・ア、テを使用。
製作時間・塗装90分+スミ入れ50分+組み立て40分=合計180分(3時間)。

この記事へのコメント