1/144HG ジンクスⅣ(指揮官機)

DSC_6621.JPG
機動戦士ガンダム00 1/144HGシリーズ番外
GNX-803T ジンクスⅣ(指揮官機)です。
発売は2018年。価格は2200円。プレミアムバンダイ限定販売品。
製作は2019年7月です。

【機体解説】
 「劇場版 機動戦士ガンダム00-A wakening of the Trailblazer-」に登場する、地球連邦軍の疑似太陽炉搭載型MS。このカラーリングの機体は指揮官用で、主なパイロットはパトリック・コーラサワー、アンドレイ・スミルノフ。
 地球連邦軍発足当時から主力機として使われているジンクス(GN-X)シリーズの最新モデル。アロウズで運用されていたアヘッド、イノベイドの技術を取り入れ大幅な性能向上を果たしており、特にヴェーダのバックアップを受けることでOS面でも大きな進歩を遂げています。また、トランザムも標準で使用可能となりました。
 機体構造はスタンダードでありながら豊富なオプションが用意されており、パイロット特性や戦況に応じたカスタマイズが可能となっています。なお一般機と指揮官機とでは選択可能なオプションに差があり、GNシールドを肩部両側に装備する「ダブルシールド」は指揮官機にのみ許された装備パターンとなっています。劇中ではコーラサワー機がダブルシールドにGNショートライフル、アンドレイ機がGNロングライフルとGNバスターソードという装備をしていました。
 地球圏に飛来したELS本体との決戦では、アンドレイ機が絶対防衛ラインを突破した大型ELSを倒すために自爆、コーラサワー機もELSの浸食を受け自爆を図りますが、刹那のダブルオークアンタに救われ生還を果たしました。

【キット解説】
DSC_6616.JPGDSC_6621.JPG
 プレミアムバンダイ限定アイテムとして復活を果たした「HG ガンダム00」シリーズ第2弾。劇場版公開当時はかなわなかったジンクスⅣのキットが悲願の商品化となりました。
 キットは同年初頭に発売された、「ガンダムビルドファイターズ」シリーズキット「ジンクスⅣ TYPE.GBF」の成形色を変更、新たにNGNバズーカ(ガンダムアストレア タイプFの流用パーツ)を加えたもの。新規設計パーツ無いのなら何故最初からこっちで出せなかったのかとは思いますが・・・。
 頭部と腹部のセンサーカバーは無色クリア。ビーム刃はクリアオレンジになっています(放送当時のHGシリーズは色が付いていないものが多かった)。可動範囲や色分けに関しては素体が古いため、さすがに現行キットに比べると劣る部分はあります。
 武器としてGNバスターソード、GNショートライフル/ロングライフル、GNビームサーベル×2、NGNバズーカ×2、GNシールド×2が付属。その他オプションとして肩部に装着する増加粒子タンク×2も付属します。ハンドパーツは右1種、左2種となります。

【アクション・ギミック】
DSC_6628.JPG
センサーカバーはクリアパーツ。カラーパーツではなく、下にシール方式です。
DSC_6618.JPGDSC_6619.JPG
アンドレイ機の装備パターン。
DSC_6622.JPGDSC_6623.JPG
どちらも長物ですが、軽い素材のため保持は充分です。
DSC_6624.JPGDSC_6625.JPG
コーラサワー機の装備構成。
DSC_6626.JPG
ライフルは両手持ちが可能。
DSC_6627.JPG
シールドはGNフィールド展開状態が再現可能。GNハンドグレネードも手に持てます。
DSC_6629.JPGDSC_6630.JPG
増加粒子タンクとNGNバズーカを装備。
DSC_6631.JPGDSC_6632.JPG
バズーカは二丁持ち、両手持ちが可能。
DSC_6633.JPG
GNビームサーベルも付属。ユニットはしまえません。

【塗装ガイド】
DSC_6582.JPGDSC_6583.JPGDSC_6584.JPGDSC_6585.JPG
グレー部・・・ガンダムグレー
ブラック部・・・ガンダムブラック
センサー・・・メタリックピンク
ブラウングレー部・・・マホガニー
武器ライトグレー部・・・ニュートラルグレー
武器ブレード部・・・シャインシルバー

シールは未使用。
製作時間・塗装55分+スミ入れ95分+組み立て85分=合計235分(3時間55分)

この記事へのコメント