SDCS ザクⅡ

画像
画像
画像

SDガンダム クロスシルエット シリーズNo.04
MS-06F ザクⅡです。
発売は2018年。価格は800円。
製作は2019年5月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム」に登場する、ジオン公国軍の量産型MS。主なパイロットはデニム、ジーン。

【キット解説】
画像
画像

 意外性のあるラインアップが話題になったSDCSシリーズ第一弾に対し、第二弾の2体はガンプラシリーズ定番のザクⅡとゼータガンダムとなりました。対照的であると同時に(海外人気を重視した)SD-EXシリーズとの方向性の違いも提示されるものとなっています。
 SD版ザクの新規キットとしてはBB戦士シリーズNo.218「ザクⅡ F型」以来、実に17年ぶりとなりました。驚くべきは成形色で、本体は腰部を除きほぼ完ぺきに再現され、さらにモノアイとヒート・ホークにはそれぞれ別色のクリアパーツが使用されているという気合の入れようです。
 モノアイは左右に可動。武器としてザク・マシンガン、ザク・バズーカ、ヒート・ホークに加え、三連装ミサイル・ポッド×2が付属します。
 別売りのCSフレームをキットのSDフレームと入れ替えることで等身を変えることが出来ます。

【アクション・ギミック】
画像

モノアイをクリアパーツで再現。
画像

モノアイは左右に可動します。
画像

ヒート・ホークの刃もクリアパーツになっています。珍しい表現と言えます。
画像

玄人好みのバズーカとフットミサイルも付属。バズーカはギリギリ両手で構えられます。
画像

バズーカは腰部にマウント出来ます。

【EXTRA】
画像
画像

CSフレーム(グレー)を組み込んだ状態。
画像

可動域がアップします。接地性も向上。
画像
画像

マシンガン、バズーカのサブグリップを引き出して両手で構えることが出来ます。
画像

シャア専用ではありませんが、キックも出来ます。

【塗装ガイド】
画像

ライトグリーン部・・・ザクライトグリーン
ヒート・ホーク本体・・・ガンダムパープル
モノアイ下地・・・シャインシルバー
武器スコープ・・・メタリックピンク

フレーム入れ替えの際に足パーツが外しづらいため、B2-27,28のピンを半分にカットしています。
シールは未使用。
製作時間・塗装15分+スミ入れ40分+組み立て35分=合計1時間30分。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • SDCS ゼータガンダム

    Excerpt: SDガンダム クロスシルエット シリーズNo.05 MSZ-006 ゼータガンダムです。 発売は2018年。価格は1000円。 製作は2019年5月です。 Weblog: ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ racked: 2019-05-26 09:28