1/144HG フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)

画像
画像
画像

HGUCシリーズNo.178(機動戦士ガンダムUC) 1/144スケールキット
RX-0 フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)です。
発売は2014年。価格は3200円。
製作は2019年3月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダムUC」に登場する、ネェル・アーガマ所属のフル・サイコフレーム実装試作MS。この形態はサイコ・フレームが緑の発光状態となる、いわゆる「覚醒状態」のもの。パイロットはバナージ・リンクス。
 サイコ・フレームが最大共振により緑の発光をした状態のユニコーン・ガンダム。通常のNT-D発動時にはシステムがパイロットを呑み込み、制御不能になる事がありますが、この状態ではパイロットの意志を保った状態で制御することが出来、(肉体的負担を除き)稼働時間の制限もありません。また、3基装備するシールド(+ビーム・ガトリングガン)を本来推進機能を持っていないにも関わらず、ファンネルのように自在に操りオールレンジ攻撃をするなど、本来のスペックにはない超常的な現象をも見せています。
 なお、実際の戦闘ではこの状態になるまでに増加装備のほとんどを使い切っているため、この姿は幻の最強形態とも言えます。

【キット解説】
画像
画像

 「ガンダムUC」からのキットとしては第35弾。基本的には「ユニコーンガンダム(デストロイモード)」と「フルアーマー・ユニコーンガンダム(ユニコーンモード)」の増加装甲パーツを組み合わせたものですが、サイコ・フレームの成形色がクリアグリーンとなり、シールド・ファンネル関連のパーツが新規に追加されています。ボリュームはこれまでのHGUCシリーズ通常サイズのMSとしては過去最大級となっており、かなり作りごたえのあるキットとなっています。
 付属武器はビーム・マグナム、ハイパー・バズーカ×2、シールド&ビーム・ガトリングガン×3+1、ビーム・サーベル(ユニット)×4(刃は2本分)。ハンドパーツは右2種となります。その他大型ブースター用支柱パーツ、シールド・ファンネル展示用ベース×3が付属します。

【アクション・ギミック】
画像

ユニコーンガンダムシリーズ各種勢ぞろい。・・・まあ、この後まだ出てくるのですが。
画像
画像

発光状態のサイコ・フレームはクリアグリーンで再現。
画像

ハイパー・バズーカはバレルが伸びた状態になっています(ユニコーンモードのキットにもパーツは付属)。
画像

大型ブースターは支柱で支えることが出来ます。
画像

背部の追加マウント・フレームを外した状態。
画像

お馴染みのビーム・マグナム。
画像

両腕にシールド+ビーム・ガトリングガンを装備。
画像

ビーム・サーベルは刃も付属します。
画像

シールド・ファンネルを再現する展示ベースが付属。
画像

三連ディフェンス状態を再現するための連結パーツも付属します。あ、ブレード位置違うね。ごめんなさいね。

【塗装ガイド】
画像
画像
画像
画像
画像
画像

レッド部・・・ガンダムレッド
センサー・・・ガンダムアイグリーン
ブラック部・・・ガンダムブラック
ホワイト部・・・ガンダムホワイト
グレー部・・・ガンダムグレー
ビーム・ガトリングガンセンサー・・・ガンダム蛍光ピンク
ビーム・マグナム弾倉・・・ティターンズブルー
頭部アンテナ・・・ガンダムゴールド

シール・・・7を使用。
頭部アンテナA2は余剰部分をカット。
フロントアーマーB16は分割化。
シールドパーツWD-9,10は余剰部分をカット
製作時間・塗装120分+スミ入れ175分+組み立て260分=合計9時間15分。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック