BB戦士 魔星(マスター)大将軍

画像

BB戦士シリーズNo.150
魔星大将軍です。
発売は1995年。価格は1000円。
製作は2019年2月です。

【キャラクター解説】
 「新SD戦国伝 超機動大将軍」に登場する、天宮の国・頑駄無軍団の副将軍。デザインベースはGF13-001NHⅡ「マスターガンダム」。
 飛駆鳥大将軍を石化させ、頑駄無軍団の実権を握った男。その正体は轟天頑駄無の弟で、兄を差し置いて天宮を統治している大将軍を許せずに悪の道へと走り、魔界の力を手に入れて国を我がものにしようと企みました。
 性格は冷静沈着にして常に先手を打って行動する切れ者で、将軍として高い才覚を持ちます。しかしひとたびマントを脱ぐと悪の本性が現れ、目つきが変わり言葉使いも乱暴なものになります。武器として二振りで一組の妖刀・闇風を操ります。必殺技は「邪黒覇道爆滅波(ジャコクハドウバクメツハ)」。
 魔界から呼び寄せた闇の三羅将・天国途(ヘブンズ)、宇折堕(ウォルター)、愚嵐怒(グランド)は合体して合身羅将風雲再起(フウウンサイキ)となり、さらに三羅将の力によって魔星はスーパーモード「闇獣装の陣」へとパワーアップします。
 自らを大将軍と名乗り、天宮の支配を目論む魔星は烈帝城の地下にある魔界の扉を開放します。天鎧王の力によって転移してきた號斗丸によって一度は倒されたかに見えましたが、天鎧王を取り込み覇道大将軍として復活、魔界と天界の力を併せ持った史上最凶、最悪の大将軍へと化すのでした。

【キット解説】
画像
画像

 「超機動大将軍」シリーズ第8弾。シリーズでは唯一の(明確な)敵側のキャラクターです。魔星と三羅将の組み換えにより様々な形態に変化する、プレイバリューの高いキットとなっており、その意味では「大将軍」の名に相応しいとも言えるでしょう。成形色はホワイト、レッド、ダークグレーとゴールドメッキパーツ。特殊素材に関しては今回は使われていません。
 魔星本体は軽装タイプに鎧を装着することで武者形態になり、変形によってマント形態となります。ミニキットである三羅将はそれぞれ変形ギミックを持ち、合体させることで風雲再起になります。またこの際の余剰パーツを魔星に装着、組み換えることでスーパーモードへとなります。武器として妖刀・闇風と天剣絶刀(テンケンゼットウ)が付属。
 連動ギミックとして別売りの「機動武神天鎧王」の神顔形態と合体させることで覇道大将軍へとなります(合体の仕方は「超機動大将軍」封入のペーパーに記載されていました)。

【アクション・ギミック】
画像
画像

軽装タイプ。クーロンガンダムをモチーフにしています。
画像

ギミックの関係で上下半身は別々になっています。
画像
画像

鎧を装着したマント形態。
画像

マントを展開して武者形態に。
画像
画像

闇の三羅将がミニキットとして付属。
画像

それぞれ変形ギミックがあります。
画像
画像

合体して風雲再起となります。アイデア賞もののびっくり変形。
画像
画像

残りのパーツは魔星に装着させ、スーパーモードに。
画像

メッキパーツが前面に集中した絢爛な出で立ちに。
画像

風雲再起に乗せることが出来ます。

【EXTRA】
画像

天鎧王と合体して覇道大将軍に。クーロンガンダムからマスターガンダム、デビルガンダム四天王と合体してデビルガンダムにまでなるという、超絶ギミックのキットでした。

【塗装ガイド】
画像
画像

レッド部・・・ガンダムレッド
グリーン部・・・ガンダムアイグリーン
ホワイト部・・・ガンダムホワイト
シルバー部・・・ガンダムシルバー
ゴールド部・・・ガンダムゴールド
ダークグレー部・・・ダークグレー(フィールドグレー1)
ブラック部・・・ガンダムブラック
メッキパーツ レッド部・・・ガンダムメタレッド
メッキパーツ グリーン部・・・メタリックセットグリーン

シール・・・サ、ト、マ、ミを使用。
製作時間・塗装165分+スミ入れ75分+組み立て80分=合計5時間20分。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • BB戦士 頑駄無闇元帥(ヤミゲンスイ)

    Excerpt: BB戦士シリーズNo.162 頑駄無闇元帥です。 発売は1996年。価格は500円。 製作は2019年6月です。 Weblog: ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ racked: 2019-06-06 09:05