1/144HG ダブルオークアンタ

画像
画像
画像

機動戦士ガンダム00 1/144HGシリーズNo.66
GNT-0000 ダブルオークアンタです。
発売は2010年。価格は1600円。
製作は2014年7月です。

【機体解説】
 「劇場版 機動戦士ガンダム00-A wakening of Trailblazer-」に登場する、ソレスタルビーイングのMS。専属ガンダムマイスターは刹那・F・セイエイ。
 真のイノベイターへと進化した刹那の為に作られた、エクシア・ダブルオー直系の後継機。木星で新たに作られたGNドライヴ2基を搭載したツインドライヴシステムを採用しており、ダブルオー(ガンダム)に比べ、ドライヴの制御が格段に安定しています。
 戦闘スタイルはやはり格闘戦を重視していますが、新たに遠隔操作兵器GNソードビットを装備しています。これはオールレンジでの斬撃攻撃を行うのみならず、GNフィールドを展開し防御を行う、GNソードⅤに連結させ出力を強化するなどの多彩な使用が可能となっており、本機の高い戦闘力を支えています。
 しかしこの機体の真価は戦闘能力ではなく、「クアンタムシステム」を用いた対話能力にあります。ダブルオーの「トランザムバースト」を上回るGN粒子を放出する「クアンタムバースト」は、「来るべき対話」=人類とは異なる異種との接触に対する切り札として、その完成が急がれていました。

【STORY】
 西暦2314年、地球圏に飛来した地球外変異性金属体「ELS」との接触は戦闘に発展、地球は未曽有の危機を迎えます。ELSと地球連邦軍の彼我戦闘力は絶望的であり、また対ELSの切り札である刹那が直前の戦闘で負傷、昏睡状態にあったことから、ELSの地球到達は時間の問題かと思われました。
 CBの活躍により支えられていた防衛ラインもとうとう崩れ、いよいよかと思われた時、ついに刹那が復活。端末を介して同乗したティエリアと共にダブルオークアンタで出撃します。グラハムの決死の援護を受け、大型ELS内部に突入したクアンタは「クアンタムバースト」を発動。量子ジャンプを使いELSの母星へと赴き対話を行うと、ELSは人類との共存の意志を見せ、戦乱は終結しました。
 それから50年後、ELSと融合したクアンタ(ELSクアンタと通称される)と刹那は地球に帰還。マリナ・イスマールとの再会を果たすのでした。

【シリーズ解説・1/144スケール HGガンダム00「劇場版 機動戦士ガンダム00-Awakening of Trailblazer-」】
 HGガンダム00シリーズはファーストシーズン、セカンドシーズン、MSVと展開し、このNo.66からは劇場版に登場した機体の発売となりました。パッケージデザインも合わせて白バックのものにリニューアルされており、ひと目で同シリーズのものと分かるようになっています。
 シリーズは劇場公開前の同年8月より先行して展開され、4か月のうちに全7体(うち完全新規5)が発売されました。しかしシリーズが短期間で終結したためか、ジンクスⅣやサバーニャ、ハルートの最終形態が発売されずに終わるなど、ラインナップには不満の残るものとなりました。

【キット仕様】
画像

 劇場版00のキット第一弾となります。キット仕様はセカンドシーズンのものを踏襲しており、プロポーション・ギミックとも高水準のものとなっています。パーツ分割はダブルオーと同程度ですが、色分けは少なめなので塗装はやや楽になっているかと思います。またクリアパーツをふんだんに使っているのも特徴的です。
 キットはGNソードⅤが武装として付属。GNシールドには6基のGNソードビットが付属し、GNソードⅤと合体させてバスターソード、バスターライフルの再現が可能。GNシールドが可動し、GNドライヴ直結状態が再現できます。加えてラメ入りクリアグリーンのディスプレイベース(HG SEEDシリーズと同じ非可動タイプ)が付属します。

【ギミック解説】
画像

クリアパーツの多用がCBのガンダムの特徴。
画像
画像

GNソードⅤはソードモードからライフルモードに変形。GNシールドもフレキシブルに可動します。
画像

GNドライヴの直結状態。
画像
画像

ソードビットを分離、合体させたバスターソード形態。
画像

こちらはバスターライフル形態。ちゃんと片手で保持できました(少なくとも今のところは)。
画像

ソードビットはBビットのみ手で持てます。

【塗装ガイド】
画像
画像

白い部分・・・ホワイト
青い部分・・・00ブルー
グレーの部分・・・グレー
センサー・・・アイグリーン
クリアパーツ内部・・・メタグリーンでクリア塗装(マーカーを混ぜずに上澄みを塗る)
スミ入れ・・・基本グレー、赤はブラウン、塗装部分はブラック
シール・・・オ、キ、ケ、コ、サ、シ、ス、セを使用
頭部アンテナA41は余剰部分をカット
製作時間・約4時間半

【後記】
待ちわびたぞ!少年!!・・・のガンダム!やっと作れたー!!この調子でサバーニャ以降も・・来年だな。

【おまけレビュー】
画像
画像

劇場限定 HG 1/144 ダブルオークアンタ クリアカラーバージョンです。
発売は2010年。価格は1600円。
製作は2010年9月です。

【キット解説】
画像

 劇場公開時に劇場限定で販売されたキットです。クリアカラー成形によるキット(PCは通常)で、キット内容自体は通常版と同一です。ディスプレイベースは無色透明のものになっています。
 のちにパッケージを変更し、プレミアムバンダイでも販売されました。この際他のガンダム3機のクリアカラーバージョンも販売されました。こちらのバージョンのキットは中古店で比較的よく見かけるので入手難度は高くないはずです。


【近況】
えー、ようやくメモオフ5が終わりましたよ。PS2版発売から9年ですわ。あきらめなければ(以下略)。
画像

あれ、アルバムが一枚足りな、・・・いやもういいです。


【昨日までに見たアニメ】
17話 九校戦編Ⅹ
17話 真夏の騎士たち
4話 プリンセス・プリンセス
機動戦士SDガンダムMK-Ⅰ
機動戦士SDガンダムMK-Ⅱ
機動戦士SDガンダムの逆襲
5話 決意のヘッドアップ!
93話 トゥインクル・スターズ
61話 キラ・パタ・マジック☆
1話 消せない夢


【最近のゲーム】
ルーンファクトリー4(レベル51)
メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム(全エンドクリア)
ソルフェージュ~Sweet harmony~(クリアエンド数5)


最終更新2014・08・10

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック