SD ガンダムエクシア リペアⅡ

画像
画像

BB戦士シリーズNo.334
GN-001REⅡ ガンダムエクシア リペアⅡです。
発売は2009年。価格は800円。
製作は2014年7月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」に登場する、ソレスタルビーイングのMS。第3世代のガンダム。専属ガンダムマイスターは刹那・F・セイエイ。

【ユニット解説】
 Gジェネシリーズには「ウォーズ」から登場。エクシア→リペア→リペアⅡと開発すると入手できる機体で、武装は少ないもののGNソード改の威力が高いため、序盤では意外と使える機体です。ちなみに同作にはダブルオーセカンドシーズンのステージはなく、本機を含む5体の機体のみが先行収録となっていました。

画像

【キット解説】
 今やエクシアの派生キットあるいはトイとしては定番になりつつあるこの通称「RⅡ」ですが、当時はまさかBB戦士で出るとは思っていませんでした。オーガンダムが出るからこちらも出たのか、はたまた逆か・・。
 キットは同シリーズのNo.313 ガンダムエクシアをベースとしたもので、RⅡ用の新規パーツとオリジナルメカ用のパーツが新規に付属。成形色もベースキットとは異なるやや暗めの色に変わっています。
 ベースキットのパーツはすべて残っているので通常のエクシアを組み立てることも可能です。後から組み替えることもできますが、本来そのような遊び方は想定されていないためパーツ破損の危険があるうえ、一部塗装箇所も異なる(粒子供給コードの有無による)ためおすすめは出来ません。自己責任でお願いします。
 付属武器はGNビームサーベル、GNビームダガーと一部新規パーツを使用したGNソード改。ベースキットの武装を含む余りパーツは新規のベースパーツに取り付けて、キットオリジナルのサポートメカを作る事ができます。
 GNドライヴは着脱可能。別売りのOガンダムのものと入れ替えてGNフェザーを取り付けることができます。
【ギミック解説】
画像

ベースキットとの比較。肩アーマー、リアアーマー、腰のGNビームサーベル、オーバーブーストモードのGNドライヴ、GNソード改の刃が新規パーツとなります。また成形色の色あいも異なります。
画像
画像

GNソード改はモードチェンジ可能。刃はクリアパーツにしてほしかった。
画像

GNビームサーベルとダガーも付属。ノーマルのエクシアがあればそれぞれ二刀流が、あ、色が違うのか・・。
画像

GNドライヴはリミッター解除の「オーバーブーストモード」になっています。通常のパーツもあるのでお好みで。ただし前述のように組み換えは推奨しません。
画像

オリジナルのサポートメカ。余剰パーツはすべて使い切ります。
画像

乗ってみたり。
画像

腕に付けてみたり。ちなみにGNソード改も腕に装着できます。
画像
画像

ノーマルエクシア用のパーツを付け替えた状態。
画像

HGキットとの比較。
画像

【塗装ガイド】
白い部分・・・ホワイト
赤い部分・・・00レッド
黄色い部分・・・00イエロー
グレーの部分・・・グレー
センサー類・・・アイグリーン
ビーム刃・・・蛍光ピンク
スミ入れ・・・基本グレー、赤はブラウン、青と塗装部分はブラック
写真のGNブレイド長・短は塗装ミス
シール・・・「イ、ウ」を使用
フロントアーマーB13は分割化
製作時間・約4時間

【後記】
 さてさて、これでようやく2012年6月再販分がすべて片付きました。あれ、今何年だったっけ・・・?
 まあ時間はかかりましたが、これでレジェンドBBの展開までに発売された「新ノーマルSD」のキットはすべて完成しました。いぇーい!!やったー!!トロピカルヤッホ~ゥイ!!
 いやそんなにはしゃいじゃいない。で、次は7月再販分、つまりあのシリーズになるはずですが・・・。実は今後のBB戦士の製作ローテーションはちょっと変えようと思っています。ただ三国伝が終わらないことには進められないので、その後ということになりますが・・・。当分は三国伝と2012年7月以降発売の新規キット交互の製作となります。新ローテのスタートは9月~10月くらいになるかな。


昨日までに見たアニメ
11話 おフロに入らなければ入らないほどやさしくなれる
12話 その選択は・・・(最終話)
11話 衝突
10話 まよいキョンシー 其ノ肆(CC)
12話 九校戦編Ⅴ
映画 ハートキャッチプリキュア!花の都でファッションショー・・・ですか!?
12話 エンドレス・フェイト(最終話)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック