SD O(オー)ガンダム(実戦配備型)

画像
画像

BB戦士シリーズNo.333
GN-000 Oガンダム(実戦配備型)です。
発売は2009年。価格は600円。
製作は2014年7月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン」に登場する、ソレスタルビーイングの太陽炉搭載型MS。第1世代のガンダム。このカラーリングの機体は、イノベイド勢力との最終決戦に投入された時のもの。パイロットはラッセ・アイオン。後にリボンズ・アルマークが搭乗し刹那との最後の決闘に挑みました。

【ユニット解説】
 Gジェネシリーズには「ウォーズ」から登場。本機はオリジナルユニット扱いで、同作のラスボスという位置づけになっていました。最終ステージは4機のガーダーの集中砲火を(主に戦艦が)浴びつつ、次々現れる歴代の主人公機と戦う過酷なステージで、その最後に登場する本機は武装こそ少ないもののアビリティで無効化できない特殊属性で、常時スーパークリティカル発生、味方のパイロットアビリティ無効化、全属性を軽減するGNフィールドと、並のユニットでは攻撃を仕掛けることすら危険な強敵でした。
 次作の「ワールド」以降は通常スペックの機体になっていますが、「ワールド」ではRⅡで一騎打ちを挑まねばならず、またも苦戦する羽目に。

【シリーズ解説・BB戦士「機動戦士ガンダム00】
 2007年に発売されたN0.299 ガンダムアストレイ ゴールドフレーム以来久々のノーマルSDとして2008年からシリーズ展開されました。前シリーズ(ガンダムSEED)からの変更点としてはPCを三国伝と同じPC-300にしていることが最大の特徴(ただしPCの使用箇所は三国伝とは異なる)で、パーツ数を減らし組み立てやすくなった反面、可動範囲は前シリーズに及びません。
 もう一つの特徴はオリジナルギミックを増やしている点で、ある意味「優等生すぎた」前シリーズとは異なるアプローチからBB戦士の方向性を探ろうとしていたように思えます。また連動ギミックが充実しており、「シリーズを集める楽しさ(販売戦略とも言えるが)」があるのも特徴と言えます。
 シリーズは全7種(内完全新規4)が発売されました。

画像

【キット解説】
 まさかの発売となったオーガンダムです。キットはもちろん完全新規成形で、GNドライヴを搭載した「リボンズ仕様」での立体化となります。粒子貯蔵タンクは付属しません。
 付属武器はビームガン、ビームサーベル、ガンダムシールド。これに加え専用のディスプレイベースが付属します。このベースはエクシア(及びリペアⅡ)、ダブルオーライザーにも使用可能になっています。
 またエクシア同様にGNドライヴの着脱ギミックがあります。

【ギミック解説】
画像

ビームサーベルは背中のユニットを外すことが出来ます。がこのパーツに合うビーム刃はなさそうです。
画像

同シリーズのエクシア同様GNドライヴの着脱が可能。同じくパネルを反転できますが、あまり意味はないかと。
画像

GNフェザーをイメージした専用ベースが付属。
画像

どことなく悪そうな面構え。クラビカルアンテナが邪魔だな・・。
画像
画像

ベースは取り付け位置を変えてエクシアとダブルオーライザーにも使用できます。取り付け位置の都合上他のキットには使えないと思います。
画像

HGキットとの比較。

【塗装ガイド】
ランナーの写真撮り忘れちゃった。頑張って塗ったのに・・。
白い部分・・・ホワイト
赤い部分・・・00レッド
黄色い部分・・・00イエロー
グレーの部分・・・グレー
センサー類・・・アイグリーン
ビームガンの濃い色の部分・・・SEEDダークブルー
ビーム刃・・・蛍光ピンク
目の周りと銃口・・・ブラック
スミ入れ・・・基本グレー、赤はブラウン、塗装部分はブラック
頭部アンテナA2-13は余剰部分をカット
製作時間・約3時間


【昨日までに見たアニメ】
11話 ラスト・スタンド
11話 セツナの窓辺
23話 世界
87話 ソレイユ☆ライジング!
11話 あこがれの未踏遺跡です!
(Gセイバー)
映画 プリキュアオールスターズDX2 希望の光☆レインボージュエルを守れ!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック