1/144HG ケルディムガンダム(トランザムモード)グロスインジェクションバージョン

画像
画像

機動戦士ガンダム00 1/144HGシリーズNo.56 GN-006 ケルディムガンダム(トランザムモード)グロスインジェクションバージョンです。
発売は2009年。価格は1200円。
製作は2010年5月です。

機体解説
機動戦士ガンダム00-2ndシーズンに登場する、ソレスタルビーイングの太陽炉搭載型MS。パイロットはロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)。新生ソレスタルビーイングが開発した新型ガンダムは、トランザムをより有効に活用するため、各機の特性に応じて異なる性能強化がされるようになっています。ケルディムの場合は攻撃力・機動力の強化に加え、データ処理能力の上昇により、精密狙撃の精度がアップします。劇中ではメメントモリ攻略戦ラストの狙撃、最終決戦での対ガデッサ戦が印象深い使用例でした。

画像

キット仕様
シリーズNo.56~60では主要MSのトランザムイメージカラーバリエーションキットが集中展開されました(トランザムライザーと1stシーズンのガンダム各機は発売済み)。トランザムライザーを除くいずれのキットも成形色とシールの変更のみで追加パーツはありませんが、塗装では表現しづらいトランザムモードを手軽に楽しめる点が魅力といえるでしょう。なお価格の変更はありません。
ケルディムの付属品は、武器としてGNスナイパーライフルⅡ、GNビームピストルⅡ×2、GNシールドビット×9、差し替えパーツとして左平手とフォロスクリーン、ビットの展示ベースが付属します。
画像

GNスナイパーライフルⅡの三連バルカンモード。右肩に装着できます。
画像

こちらはライフルモード。トランザム時に展開されるフォロスクリーンも差し替えで再現できます。
画像

シールドビットは組み替え式の展示ベースを使用して自由に飾ることができます。
画像

ノーマルキットとの比較。

塗装ガイド
ツインアイ・・・ガンダムアイグリーン
クリスタルセンサー・・・Gラメパールシルバー
フォロスクリーン・・・ガンダムメタグリーンでクリア塗装
その他のクリアパーツ・・・ガンダムメタレッドでクリア塗装
以上です。トランザムカラーキットの塗装では基本的に、①シール使用部分とクリアパーツのみ塗装、②スミ入れはしない、の2点で仕上げています。トランザム時のGNコンデンサーシグナル部分の発光表現については、本体と同じ赤か通常時と同じ緑にするか迷いましたので、このキットと同時に作ったアリオスとで異なる塗装を試してみました。結果からいうと赤では中の文字が見えなくなってしまうので、以後のキットは緑で塗装しています。つまるところこのキットは失敗ということになりますが、塗装は好みなので自由に塗って下さい。雨の中傘を差さずに踊る人間がいてもいい。

後記
実際のところ00-MSV同様に劇場版までのつなぎのためのラインナップだったのだと思います。どうせならGNHWで出して欲しかったところではあります。

スパロボあと一週間でクリアはちょっと、いやだいぶ無理かも・・・。

昨日までに見たアニメは・・・
16話 ライバル登場!
64話 16月の旅Ⅲ
65話 16月の旅Ⅳ

昨日までに遊んだ主なゲームは・・・
さくらビットマップ
エルクローネのアトリエ
第2次スーパーロボット大戦OG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック