1/144HG ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクション+スペシャルアクションベース

画像
画像

1/144HG GN-0000GNHW/7SGD2 ダブルオーガンダム セブンソード/G インスペクション+スペシャルアクションベースです。
キャラホビ2010限定販売品。価格は2200円。
製作は2012年7月です。

機体解説
機動戦士ガンダム00V戦記に登場する、ソレスタルビーイングの太陽炉(またはGNコンデンサー)搭載型MS。刹那専用の新型機、ダブルオークアンタ完成までの繋ぎの乗機として用意されたセブンソード/Gを再点検するために作られた、データ上にのみ存在するいわば幻の機体。ベース機と比較して5%の性能向上がなされており、データ上の模擬戦ではケルディムなど第3.5世代のガンダムを圧倒する戦闘力を示しています。機体のカラーリングが異なるのは、担当メカニックであるシェリリン・ハイドの「ダブルオーは赤が似合うと思う」という個人的な趣味によるもの。

画像

キット仕様
バンダイと月刊ホビージャパンとのコラボレーション企画として2010年のキャラホビで限定発売されたキットです。1/144HG ダブルオーガンダム セブンソード/Gの成形色を変更し、新開発のアクションベースを同梱したセットアイテムです。ソードカラミティやビギニングJなど、赤い機体と大剣というのはHJ誌の定番という感があります。なお、同イベントでは電撃ホビーマガジンとのコラボアイテム、アイズガンダム タイプ ダークも販売されました。
本体の内容は成形色の変更以外はベースキットと同じ内容。GNバスターソードⅡ、GNソードⅡロング、GNソードⅡショート、GNカタール×2、GNビームサーベル×2、そしてGNソードⅡブラスターが付属します。換装・エフェクトパーツとして左平手、GNソードⅡ用ワイヤー、ビームサーベル刃×2がセットされています。

画像

アクションベースは後に一般発売されたアクションベース3と同じもの。会場ではベースに入れられるポストカードを配布していましたが・・・面倒だったのでスルーしました・・・。
画像

頭部アップ。
画像

GNソードⅡロングは両手持ちが可能。
画像

GNソードⅡショートはリード線によりワイヤー射出ギミックを再現。
画像

使いどころのよくわからないGNカタール。
画像

タクティカルアームズ・・・ではなくGNバスターソードⅡのソードモード。
画像

GNソードⅡブラスターとGNバスターソードⅡのシールドモード。
画像

フルバースト的なイメージで。
画像

ベースキットとの比較。

塗装ガイド
ツインアイ、GNコンデンサーシグナル・・・ガンダムメタライトグリーンでクリア塗装
頭部のクリスタル・・・ガンダムメタレッドでクリア塗装
アンテナ・・・00イエロー
関節など・・・ガンダムグレー
GNドライヴ発光部・・・Gラメパールグリーンでクリア塗装
以上です。GNコンデンサーシグナル部分にはシールを使用しています。

次回新作はガンダムAGE-2ダークハウンドの予定。白いのもいるかも。
今年も夏がやってくる・・・今回こそは早めにカタログチェックしないと。今回は1日目行けないから楽だよね。う、うはは、は~あ・・・

昨日見たアニメは・・・
1話 私たちが変身!?ありえない!
2話 カンベンして!闇に狙われた街
1話 運命の風
2話 トキメキを聴かせて
4話 祈りの朝
2話 怪盗黒バラの夜
1話 にぎって たもって
1話 神は神でも貧乏神じゃなくて貧乳神の間違いじゃないの?
でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック