ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/144HG ガンダムシュバルツリッター

<<   作成日時 : 2017/06/06 15:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像

ガンダムビルドファイターズ 1/144HGBFシリーズNo.055
NK-13S ガンダムシュバルツリッターです。
発売は2017年。価格は2000円。
製作は2017年6月です。

【機体解説】
 「ガンダムビルドファイターズAR」に登場するガンプラ。ファイターはマスク・ド・セカンドG(ジェネレーション)。
 かつて二代目メイジン・カワグチが製作した「カテドラルガンダム」の改造機。マスク・ド・セカンドGが二代目メイジンその人なのか、でなければいかなる経緯によって入手したのかは現時点では不明。
 汎用機であったカテドラルガンダムとは異なり、「シュバルツリッター=黒騎士(対して白騎士を意味するのはヴァイスリッターである――閑話休題)」の名の通り剣を使った格闘戦に特化した機体となっています。主装備は背部のウイングが変形する剣「フリューゲルメッサー」で、二振りの剣が合体することで大型剣「フリューゲルシュヴェルト」にもなります。見た目よりも軽量で取り回しは良く、プラフスキー粒子を刀身にまとうことで切断力を強化します。その他、剣のグリップ部分からは流体金属による刀身を形成することで実体剣「ヴィントドルヒ」となり、ビーム・サーベルの様な運用が可能になっています(グフのヒート・サーベルに近いものと思われる)。

【キット解説】
画像
画像

 カテドラルガンダムとディナイアルガンダムの間をつなぐMS、シュバルツリッターがキット化。キットは実質的にはディナイアルガンダムのバリエーション(ディナイアルガンダム自体もビルドバーニングガンダムのパーツ流用品ではあるが)となり、カテドラルガンダムの専用パーツは使用されていません。
 頭部のゴーグルにはクリアパーツを使用。ウイングが展開して飛行形態になる他、剣への変形機能を再現。武器持ち用の新規ハンドパーツの追加により安定して構えることが出来ます・・・というのは上半身の話で、足の接地性はいまいちです。格闘専用機とは。
 付属武器はフリューゲルメッサー×2、ヴィントドルヒ×2。ハンドパーツは左右とも4種付属します。

【アクション・ギミック】
画像

頭部のゴーグルにはクリアパーツを使用。
画像
画像

ウイングがフリューゲルメッサーに変形。重量のある武装ですが保持力は充分です。
画像
画像

二振りの剣を合体させた大剣「フリューゲルシュヴェルト」。グリップを2つつなげて両手で構えられます。
画像
画像

ウイングモードではパーツが展開して飛行状態に。あ、一か所開け忘れた・・・。ハンドパーツも色々あるので使いこなしたいところ。
画像
画像

カテドラルガンダムからディナイアルガンダムへの間に位置する機体ということで3機を並べて。

【塗装ガイド】
画像
画像
画像

膝部・・・ブラック
ゴールド部・・・ゴールド
グレー部・・・グレー
ホワイト部・・・ホワイト
センサー・・・メタブルー

シールは未使用。
頭部アンテナF3は余剰部分をカット。
製作時間・塗装75分+スミ入れ45分+組み立て115分=合計3時間55分。

【近況】
画像

 次期製作用ガンプラの発掘作業を行う。しかしていつになるやら・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/144HG ガンダムシュバルツリッター ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる