ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/144HG 黒い三連星ザク

<<   作成日時 : 2017/05/21 09:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像

HGUCシリーズNo.151 1/144スケールキット
MS-06R-A1 黒い三連星ザクです。
発売は2013年。価格は1600円。
製作は2017年5月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム MSV」として設定された、ジオン公国軍のMS。この仕様の機体は、『黒い三連星』ガイア、マッシュ、オルテガの専用機。
 後に一年戦争と呼ばれるジオンと地球連邦との戦争は、早期決着を狙ったジオン側の思惑から外れ、長期化の様相を呈していました。戦力を強化するためにジオンは次期主力機となりうる新型MSの開発を進めていましたが、その間の「つなぎ」として、主力機ザクをエースパイロット向けにチューンアップした機体が作られることとなりました。それがMS-06Rシリーズ、通称「高機動型ザク」です。
 (宇宙)空間戦闘に特化した06Rの大きな改修点はランドセルの大型化、バーニア、プロペラントタンクを搭載し、そのものがスラスターユニットと化した脚部に見られます。見た目(と名称)通りに高い機動性を発揮する本機は腕に覚えのある高練度パイロットに優先的に配備され、それぞれが高い戦果を挙げました。
 数多(あまた)のエースパイロットの愛機となった06Rには、パーソナルカラーや独自の改修を施された機体もまた、多数存在しました。黒と紫のカラーリングで塗装された本機は、ルウム戦役で連邦軍のレビル将軍を捕えたことで名を馳せたチーム、『黒い三連星』の専用機。06Rシリーズとしてはプレーンな機体で、頭部アンテナや腕部もノーマルのザクと同じタイプのものとなっています。
 この機体を受領した三連星は対艦戦闘において数々の戦果を挙げたとされますが、(連邦軍の)オデッサ作戦の最中に地上戦で壊滅したため、対MS戦を経験することはなかったと思われます。

【キット解説】
画像
画像

 ファースト・ガンダムのMSV由来の機体としてはNo.76「量産型ゲルググ/ゲルググキャノン」以来のキット化となります。MSVには思い入れとこだわりの強いオールドファンが多いと思われるため、技術が成熟するまで控えていたのかもしれません。
 キットは完全新規設計で、バリエーションの多い06R用に拡張性を重視したランナー構造が見られます。動力パイプは軟質樹脂製で、胴体とバックパックの接続はフローティング構造になっているため、可動を阻害しません。バーニアはバックパック内の2基のみ可動。モノアイはモールド処理されており、外部のツマミで左右に動かせます。頭部は一般機と指揮官機の2タイプが付属し、さらに指揮官用ブレード・アンテナはTV版とMSV版(スタビライザータイプ)の2種が用意されています。
 専用のマーキングシールが付属。ガイア、マッシュ、オルテガの機体番号もそれぞれ用意され、いずれかを選んで使用します。各機の違いはガイア機が指揮官用アンテナを装備している以外にはこのマーキングのみとなります。今回は1体のみの製作としたため、特定のパイロット仕様にはしていません。
 付属武器はザク・マシンガン(120mmマシンガン)、ザク・バズーカ(280mmバズーカ)、ヒート・ホーク、マシンガン予備弾倉。ハンドパーツは右2種、左3種。重火器を両手で持てる珍しい構成になっています。

【アクション・ギミック】
画像

各部動力パイプは軟質樹脂製。
画像
画像
画像

高機動型ならではのランドセルと脚部形状を再現。
画像
画像

指揮官用アンテナは2種の形状のものが付属。
画像

右肩のシールドにはマウントラッチを介して各種武装を取り付けられます。
画像

ザク・マシンガンは両手持ちが可能。ハンドパーツが外側に角度の付いた形状となっているため、ポージングによっては不自然に見えるかもしれません。
画像

どちらかといえばこちらが主装備というイメージのザク・バズーカ。グリップの可動により自然に構えられるようになっています。
画像

銃器の「2丁持ち」が可能。UC系のキットは銃器を持つのに専用のハンドパーツを使うのが慣例なので、実は珍しい構成だったりします。
画像

ヒート・ホークはなんというか、いつも通りですが、キットによって指定色が意外と違ったりします。このキットではパープルベースとなります。

【塗装ガイド】
画像
画像
画像

ホワイト部・・・ホワイト
ヒートホーク本体・・・パープル
ヒートホーク刃・・・SEEDイエロー
モノアイ・・・蛍光ピンク
グレー部・・・ファントムグレー
バーニア内部・・・レッド

ホイルシールは未使用。
マーキングシールは指定通り使用(専用ナンバー以外)。
頭部アンテナC1-1,2は余剰部分をカット。
製作時間・塗装40分+スミ入れ50分+組み立て145分=合計3時間55分。

【近況】
画像

 遅ればせながら、NEW GAME!のゲームを攻略完了。CGのクオリティーやキャラクター描写の原作再現度には満足で、基本的には楽しくプレイできました。最後に残った青葉エンドの収集作業を除けば・・・。

【最近のゲーム】
NEW GAME!−THE CHALLNEGE STAGE−(クリア数16・全トロフィー取得)
SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス(初回スタート)
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇(45話)
FLOWERS 秋篇
大図書館の羊飼い(3回目クリア・千莉エンド)
はるかかなた(初回スタート)
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(Rank.160)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/144HG 黒い三連星ザク ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる