ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/100 ガンダムバエル

<<   作成日時 : 2017/04/18 07:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像

機動戦士ガンダム 1/100フルメカニクスシリーズNo.04
ASW-G-01 ガンダムバエルです。
発売は2017年。価格は3200円。
製作は2017年4月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(弐)」に登場する、ギャラルホルンのMS。パイロットはマクギリス・ファリド。

【キット解説】
画像
画像

 1/100キットシリーズにガンダムバエルが登場。ラスボス・・・ではなかったし、もう一人の主人公機・・というほどでもないので何とも紹介しづらい感じにはなってしまいますが、ともかく始祖のガンダムの登場です。
 劇中での不遇な扱いとは裏腹にキットの完成度はなかなかのものです。まず色分けですが、元々色数は少ないものの、装甲の隙間からフレームが除く構造や、肩のエンブレムをパーツ分割で再現するなど、HGとはワンランク上の完成度を実感させる出来となっています。フルメカニクスの3本柱「メカニカルディテール」は過剰にならない程度のディテール追加となっており、悪目立ちしない所には好感が持てます。
 ギミック面「アクションリアライゼーション」としてバエル・ソードのホルダー可動ギミックがありますが、これはHGの時点ですでに完成されているので可動範囲はほとんど変わりません。スラスターウィングの可動に関しても同様です。新規ハンドパーツとして手首の付け根が可動するタイプ(ガンダムヴィダールと同じタイプ)が追加されており、ポージングに幅が出ます。
 「リアリスティックフレーム」については、今回は専用パーツは頭部のみ。足はヴィダールと同様に外装と一体型で処理されています。
画像
画像

 初回生産分限定で新型のディスプレイ台座とマーキングシールが付属します。台座の内容は先に発売された「ガンダムバルバトスルプスレクス」に付属したものと同じです。お値段は通常版も同じなはずなので購入はお早めに・・・売れ残ってるって?ハハハ、こやつめ、ハハハ。

【アクション・ギミック】
画像
画像
画像
画像

フレームを組み上げた状態。専用パーツは頭のみ。足は外装と一体構造で外せません。
画像

肩のエンブレムはパーツ分割で再現。
画像

肩部スラスターはHGとは異なり、単純な可動式になっています。
画像

かかと部分は色分けされていません。シールもないので気になる方は塗ってしまいましょう。
画像

「支配者のポーズ」を再現するにも付属の台座は最適。
画像
画像

ブレードホルダーが可動。抜刀ポーズを再現できます。
画像
画像

手首が可動するハンドパーツも用意されています。
画像
画像

スラスターウィングには多数の可動ポイントが仕込まれています。ここの表情付けがディスプレイのポイントになるでしょう。
画像

ウィングを展開しても接地性は充分です。
画像
画像

初回特典のディスプレイ台座。可動箇所やしっかりしたロック機構など、進化を感じます。
画像

こんな展開になると思っていた時代もありました。

【塗装ガイド】
画像
画像
画像
画像
画像
画像

フレーム・・・ゴールド、シルバー、フレームガンメタリック
ブルー部・・・バルバトスブルー
グレー部・・・ファントムグレー
ピンク部・・・Gラメパールレッド

シールは未使用。
サイドアーマーE1-16,17は余剰部分をカット。
製作時間・塗装85分+スミ入れ150分+組み立て180分=合計6時間55分。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/100 ガンダムバエル ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる