ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1/144HG ガンダムウヴァル

<<   作成日時 : 2017/04/22 08:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
画像
画像

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1/144HG IBOシリーズNo.037
ASW-G-47 ガンダムウヴァルです。
発売は2017年。価格は1400円。
製作は2017年4月です。

【機体解説】
 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼」に登場する、ガンダム・フレームのMS。パイロットはロザーリオ・レオーネ。
 72機のガンダム・フレームを持つMSの一機。廃棄コロニーから発見された当時はフレームがむき出しの状態になっており、その本来の装備・性能は定かではありません。ヴィル・クラ―センからもたらされたガンダムアスタロト(オリジン)のパーツと独自の装備を加えた結果、現在の姿となっています。
 アスタロト由来のパーツから特に恩恵を受けているのは背部の高出力バックパック、脚部のブースターからもたらされる機動力で、これを活かすために腕部などは軽装となっています。
 武装に関しては、「正体不明のガンダム・フレーム」機として登場した際には双頭式のグレイブ、アスタロト(現在)と同型の210mm対物ライフルを装備、次戦では装甲の薄さをカバーする2種のシールドとマイニングハンマーを装備していました。

【キット解説】
画像
画像

 TVシリーズの放送を終え、外伝企画「月鋼」からのキットリリースが再始動。復活第1弾はアスタロトのパーツを全身に装備した黒いガンダム、ウヴァル。シリーズ第1部のボスとして印象深かった機体がキット化となりました。
 キットは先に発売された「ガンダムアスタロトオリジン」のバリエーションという扱いになり、パーツの割合としては基礎のガンダムフレーム4、アスタロトオリジンのパーツ、ウヴァルの専用パーツが4:3:3といったところかと思います。新規パーツ使用箇所は頭部、左腕、脚部、武器類など。アスタロトオリジンと揃えて共通箇所など見比べてみるのも楽しいでしょう。
 携行武器としてマイニングハンマー、グレイブ、スパイクシールドが付属。ハンドパーツは右2種、左1種となります。

【アクション・ギミック】
画像

4つの目を持つ独特の頭部形状。
画像
画像

オルフェンズらしい荒々しい武器のマイニングハンマー。角度の付いたハンドパーツは元々アスタロトオリジンのショットガン用ですが、長物武器への相性も良いようです。
画像

サイドアーマーへマウントすることも可能。
画像
画像

バックパックも新規パーツ。付け替えにより展開状態を再現できます。
画像

グレイブを装備した初登場時の装備構成も選択可能。
画像
画像

アスタロトオリジンとの比較。

【連動ギミック】
画像

「月刊ガンダムエース2016年12月号増刊 ガンプラエース」の付録であった210mm対物ライフルを本機も使用しています。今ならまだ普通に売っているかも。

【塗装ガイド】
画像
画像

パープル部・・・ストームピンクパープル(ビン塗料)
フレーム ダークグレー部・・・ファントムグレー
センサー・・・メタリックレッド
スパイクシールド・・・オリーブドラブ(1)(ビン塗料)

シールは未使用。
頭部アンテナF17は余剰部分をカット。
フロントアーマーC1は分割化。
製作時間・塗装40分+スミ入れ65分+組み立て70分=合計2時間55分。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1/144HG ガンダムウヴァル ちょっと作りすぎちゃっただけなんだからね!ガンプラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる